【論文】進化心理学的モテシグナル「暴力性モテ」の科学

進化心理学的モテシグナル 暴力性の科学 心理学

「好きな人に振り向いてもらいたい」
「素敵な関係を築けるパートナーが欲しい」
「過去の過ちの原因を知りたい」

恋愛に悩む人は非常に多く、この記事に辿り着いたのだとしたら まさにあなたは悩める羊の一匹なのかもしれません。

クソニートくん
クソニートくん

ちくしょおおおお
なぜおれはモテないっ!!!!(飲酒)

Murasaki
Murasaki

今日は荒れてるなぁ

ですが、巷の記事やインフルエンサーの記事を見ても 確かに小手先のテクニックは学べるのかもしれませんが それでうまく行った試しのある人はどれくらいいるでしょうか。

或いは、かつてうまくいったとき 今振り返るとなぜうまく行ったのかよくわからないこともあるのではないでしょうか。

今回は、男性が女性にモテるために必要な要素の一側面である本質の一つ
「暴力性」

に焦点を当てて解説してみたいと思います。

Attention

ここで一つ注意点があります。
当然ですが、この記事は一切女性蔑視的なことを広めようとしているわけではありません。

客観的な事実を提示し、更に暴力性を物理的に行使することを推奨しているわけでもありません。暴力性のシグナリングは、単に恫喝したり物理的に行うだけで発露するものではありません。

よって、あくまでも
「そのような雰囲気を醸し出していることが、モテにつながるのではないか」
という視点を提供するだけの記事であり、実際問題物理的 心理的な暴力を行使してはいけません。

Murasaki
Murasaki

そのような不誠実な態度をとることは、絶対に反対だ。
誰も幸せにならないし 最悪お互いが生涯に渡って大きく傷つくことになる。

女性は 男性の暴力的な一面に惹かれる

ライオン

いきなりですが、女性が男性のどのような側面に魅了されるのか 科学的にかなりの部分まで判明しています。
よって、モテたい男性諸君は
「モテのシグナルを発生させる手法」
を身につければ、モテを実現できるようになる可能性が飛躍的に上がる
はずです。

更にこれらについては、科学的に客観的な手法で再現されており 一般の人で反論をすることも難しい境地に達していると言えます。

そのモテのシグナルの中に含まれているのが「暴力性」です。

クソニートくん
クソニートくん

待って待って。
女の子は皆「優しい男性が好き」って言うじゃないか。

Murasaki
Murasaki

そのあたりについても深堀りしていこうか。

なぜ、心優しいあなたはモテないのでしょうか。なぜ、クズで嫌味なアイツは 素敵な異性を獲得しているのでしょうか。
ここからは、非モテには耳が痛い客観的な事実を述べたいと思います。

残酷な事実① : 「優しい」はモテのシグナルにならない

女性は優しい男性が好きと言いますが、これは間違いかもしれません。

だとすれば、サンジくんはもっと報われていいはずですし あなたもすでに異性を魅了して止まない浮名を流す魅力的な男性であるはずです。
※ちなみに、私が一番好きなキャラクターはダントツでサンジくんです。

2014年の研究を紹介します。男性は、女性の優しさ 献身さに魅力を感じますが 女性は実際そうではないようです。むしろ、若干優しさに対して嫌悪感すら抱いてしまうようです。

Responsiveness may signal to a potential partner that one is concerned with her or his welfare, and may therefore increase sexual interest in this person. Research shows, however, that this proposition holds true for men, but not for women.

https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/0146167214543879

女性は単に優しいだけの男性に対して
「何か下心があって、優しい態度で近づいている」
と感じ嫌悪感を抱くのかもしれません。

ただし、下心は全くなく むしろ何かリソース(情報 食事 労働力)を提供してくれるかもしれないので、若干疑いの目を男性に向けはしますが大きく拒絶はしない と言うことです。

更に、男性の優しい表情(=笑顔)は 男性の性的魅力を下げるかもしれません。

2011年ブリティッシュコロンビア大学(The University of British Columbia (UBC) )の研究を紹介します。男性の笑顔は性的な魅力を下げる一方、恥やプライドを示す表情は魅力的だと評価されることを発見しました。

The study found that women were least attracted to smiling, happy men, preferring those who looked proud and powerful or moody and ashamed.

Happy guys finish last, says new study on sexual attractiveness

更に、表情と性的魅力には大きな性差があることも発見しました。女性の場合幸せそうな笑顔の女性を男性は魅力的だと判定した一方、プライドを示すような女性の表情は魅力を下げることがわかりました。

In contrast, male participants were most sexually attracted to women who looked happy, and least attracted to women who appeared proud and confident.

Happy guys finish last, says new study on sexual attractiveness

この研究は性的魅力を調査したものであって、実際に良い交際相手になるかどうか調べたわけではないことに注意してください。

女性は単に優しいだけの男性に対して
「何か下心があって、優しい態度で近づいている」
と感じ嫌悪感を抱くのかもしれません。

ただし、下心は全くなく むしろ何かリソース(情報 食事 労働力)を提供してくれるかもしれないので、若干疑いの目を男性に向けはしますが大きく拒絶はしない と言うことです。

クソニートくん
クソニートくん

それは流石にヒドくないか???

Murasaki
Murasaki

いや。
後半に解説するが、これは進化心理学上仕方ないのかもしれない。

残酷な事実② : 「イジメっ子」は卒業式が早く 機会も多い

卒業式

青春時代、肩を揺らしてオラついている野球部が さっさと恋人を捕まえ、心優しいあなたはパートナーに恵まれず灰色の青春を送ったのではないでしょうか。

クソニートくん
クソニートくん

失礼すぎるだろ
当たりだが

Murasaki
Murasaki

実はおれもだ。。、

ただの運動部ならまだしも、イジメに加担しているような最低な人間でさえ 恋人をさっさと作り
「なぜおれじゃないんだ…!!!?」
と枕を濡らした夜もあったかもしれません。

これらの経験則は、科学的にも正しいようです。

2015年の研究を紹介します。イジメっ子であることは統計的にも交際や性的な機会の予測因子であり、イジメは進化的適応の一側面であることが部分的に支持されました。

The data for sexual behavior more clearly supported our hypothesis that bullying behavior predicts an increase in sexual opportunities even when accounting for age, sex, and self-reports of attractiveness, likeability, and peer victimization

Adolescent Bullying, Dating, and Mating: Testing an Evolutionary Hypothesis

残酷な事実ですが、経験則はやはり統計的にも支持されているようです。

イジメは時間とエネルギーが余っている頭の悪い人が行う行為です。
この記事を読んだ読者が曲解して安直な行動に出ないことを願います。

Murasaki
Murasaki

繰り返すが、暴力性のシグナリングは単に「物理」や「イジメ」以外でも可能だ。
この記事を読んでいる人はあくまで紳士的であってほしい。

ここで
「イジメがモテるのではなく、イジメを実行できるだけの地位や行動力を女性は評価しているのでは?」
という反論がありそうですが
物理的な暴力は、女性の股を濡らす
可能性が示唆されています。

2020年の論文を紹介します。男性の生涯夜のプロレスパートナー数と非交際相手数については、知能と身体的暴力が特にセックスパートナーの蓄積を高める可能性が高いことが浮かび上がりました。

Intelligence and physical violence emerged as being especially likely to boost sex partner accumulation for the number of lifetime sex partners and nonrelationship partners in men.

Brains, brawn, and beauty: The complementary roles of intelligence and physical aggression in attracting sexual partners

データサンプルは、National Longitudinal Study of Adolescent to Adult Healthから抽出した、男性 n=5,636、女性 n=6,787の大きなものです。

参加者は、報告した生涯夜のプロレスパートナーの数、非交際相手、浮気や不倫、同時交際の観点から調査されました。

残酷な事実③ : 犯罪者やサイコパスはモテる

脳をハッキング

女性にアンケートを取ると、サイコパスやナルシストなどの性格特性を嫌悪しているかのような解答を得ることが多いです。

しかし、実際問題彼女らがこれらの特性を嫌悪しているかどうかは別問題であるようです。

2019年の研究を紹介します。外見の魅力度を揃えた上で女性に男性のビデオを見せ、それに対する女性の反応をボイスレコードで確認したものになります。結果、サイコパス的気質の人間は魅力的に評価されることが判明しました。

Results show psychopathy was related to sociosexuality, specific factors of social intelligence, and generating higher desirability ratings from women after controlling for men’s physical attractiveness. Analyses involving comparisons of two men showed women’s ratings increased in favor of the more psychopathic man.

https://link.springer.com/article/10.1007/s40806-019-00213-0

サイコパスは、外交的に見えるから女性を惹きつけたのでは と反論したくなるかもしれませんが、それさえも研究では否定されてしまっています。

2014年の研究を紹介します。外見的魅力をそろえた上で、女性に人物を評価してもらいました。結果としてダークトライアド(ナルシズム サイコパス マキャベリズム)的特性のある人間は、劇的に魅力的であると評価されました。

To explore the attractiveness of the DT personality to the other sex, 128 women rated created (male) characters designed to capture high DT facets of personality or a control personality. Physicality was held constant.

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0191886913012245

このように、キケンなニオイ漂う男性に女性は魅了されてしまい結果としてそのような性質は現代にも遺伝的に受け継がれてしまっているのです。

しかもこれらダークトライアル的特性は、性格分類ビッグ5のどの特性と比較しても 独立してモテを予測する因子だったようです。
言い換えれば、どんな性格であるかはさておき ダークトライアルであるだけでモテにつながると言うことです。

クソニートくん
クソニートくん

サイコパスなんて怖いしモテないと思ったけどなぁ。

Murasaki
Murasaki

おそらく、実際に見聞きすることは現実を全く反映していないんだろう。

中には
「多少悪さをしても許されてしまうような権力あるポジションにいる人が、異性を獲得しているだけなのではないか?」
と反論したくなる人もいるでしょう。答えは否です。

残酷な事実④ : ワルいことをするのは 直接的にモテのシグナルになる

炎

何か悪いことをした人がモテるのではなく、それが許容されてしまうほど権力があるから 結果としてモテるように見えるだけなのではないか? と言う反論も出るかもしれません。

しかし社会的ポジションや地位に関係なく、犯罪や反社会的行為と異性の獲得には大きな相関があることがメタ解析で示されています。
https://web.archive.org/web/20120513221622/http://abacon.com/ellis/tables/ch8.pdf

他にも、ギャングは社会的魅力や身体的魅力に乏しいにも関わらずモテることを示した研究があります。

少し古いですが、1995年の研究を紹介します。外見的魅力や社会的地位、経済的豊かさなど さまざまな一般魅力が乏しいギャングですが 彼らはそうでない男性と比較して優位に夜のプロレス相手を多く獲得していました。

This analysis revealed that the 57 male gang members involved in the outbreak had a significantly (p < .03) higher average number of sex partners than did the 63 male non‐gang members who were also involved in the outbreak.

https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/00224499509551792

これは人がオラついてしまうのは、部分的には目立つことで異性の目に留まることを目指している選択圧の結果であると解釈できます。

実際に部活を引退した野球部が肩を揺らして歩き始め、綺麗な同級生や後輩と一緒に歩いている姿を嫉妬の眼差しで陰から見守っていた諸賢にとっては 納得の研究結果と言えそうです。

Murasaki
Murasaki

女性はワルいオトコが大好き …は大マジだ。

クソニートくん
クソニートくん

うわああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ

更に、暴力的な特性のある人は 当然夜のプロレスも盛んです。

1995年の研究では ある精神病患者において暴力的な特性がある患者のグループはそうでないグループと比較して優位に看護師と夜の対戦を合意の上で行うことが示されました。

The malingerers were also significantly more likely to be verbally or physically assaultive, require specialized treatment plans to control their aggression, have sexual relations with female staff, deal drugs, and be considered an escape risk within the forensic hospital.

A clinical investigation of malingering and psychopathy in hospitalized insanity acquittees.
Murasaki
Murasaki

繰り返しになるが、だから暴力を振るえ と言っているわけではない。
他の方法で女性にキケンなニオイを感じさせるんだ。

ここからは、なぜ女性は男性の暴力的なシグナルに魅了されるのか 考えてみたいと思います。

女性が男性の「暴力性」に惹かれる科学的理由

化学式に没頭する少年

これまで女性は「男性の暴力的な側面」に魅了される と述べてきました。

勿論、モテのシグナルは他にも確認されており、暴力性はその一形態に過ぎません。しかし、その理由について深く考察することが、ひいてはあなたの人生に大きなプラスを齎すかもしれません。

では一体どのような理由があるのか、科学的に理由を与えていきたいと思います。

Murasaki
Murasaki

ここまで科学でわかっているのは、本当に人類の集合知の力のおかげだ。

クソニートくん
クソニートくん

ありがとうございます
助けてください。。、

進化心理学的説明

アフリカの夕暮れ

まずは、進化心理学的な説明から与えていこうと思います。

進化心理学とは
「なぜ人間のこのような心理が遺伝的に残されて受け継がれているのか?」
を考察する学問です。

まず、(少なくとも生物学的には)男性女性は全く別の対立する関係にあることを理解しなければなりません。

男性は生殖に関わる行動を短時間で実行することができます。一方女性は一度孕ってしまったらしばらく動けず、子育てにも多大な労力と時間を要します。
換言すれば、女性は男性を慎重に選ばねばならず 自分の体内に侵入してくる侵略者を基本的に恐怖の対象としていることになります。

クソニートくん
クソニートくん

なるほど。
女性は男性に対して慎重になることが前提なのか。

Murasaki
Murasaki

ただしここまでの説明では
「なぜ女性は暴力性を好むか」
の説明になっていない。

よって弱者男性は
「単に自分の体内に侵入することを試み、人生の時間を奪おうとする卑しい盗賊」
となってしまいます。これがいわゆる「生理的に受け付けないです。

恋する男女

では逆に、女性が恋に落ちるとは一体何なのでしょうか。

女性は本質的に男性に対して慎重ですが、その選別をくぐり抜けた猛者に対しては体内の侵入を許し 人生の時間を差し出します
換言すれば、これは強者に対する「屈服」そのものなのです。

これが女性が「暴力性」に惹かれる進化心理学的説明になります。

Murasaki
Murasaki

恋に落ちるとは まさしく
「格上男性に対して資産を差し出すことを決意する屈服」
なんだ。

実際に暴力で屈服させる男性は最低です。しかし、格上のシグナルは物理以外で幾らでも出すことができます。

そのような意味で、女性を敬い 優しく扱う行為自体は「屈服」の感情を女性に抱かせ得ず モテのシグナルにはなりません。

生物学的説明

筋トレする男性

暴力性を持った強いパートナーが自分を守ってくれる異性は、女性にとって
「他の盗賊から自分を守ってくれるボディガード」
です。

これをボディガード特性と言います。

In a comparative review of mateship alliances, Mesnick (this volume) argues that one benefit to females of forming a heterosexual pair-bond is reduction in risk of sexual aggression from other males.

https://link.springer.com/chapter/10.1007/978-1-4615-5985-6_21

実際にボディガード特性を有している異性(攻撃的 身体が大きい)に強烈に女性が惹かれることは、人間のみならず多くの有性生殖を行う生物において確認されています。

クソニートくん
クソニートくん

細くて中性的な韓国アイドルがモテているのはなんで?

Murasaki
Murasaki

いや。
推しと実際問題関係を築きたいかは異なるかもしれない。
特に先進国で顕著だ。

また、男性的特徴の強い顔はモテることが判明していますが これは暴力性・衝動性の予測因子です。

2015年の研究を紹介します。男性的な顔立ちの指標として「FWHR」と言う指標が提案されていますが、これは暴力性や衝動性を予測する指標になります。

Recent research has identified men’s facial width-to-height ratio (fWHR) as a reliable predictor of aggressive tendencies and behavior.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4388848/

つまり、僕らはどうすればいいのか

心に炎を宿す男性
心に炎を宿す男性

モテるシグナルとして「暴力性」を紹介しましたが、実際には
「女性が格上男性に対して体内の侵入を許し 時間という資産を差し出す屈服」
であることを述べました。

我々は騎士(ナイト)なので、この格上感を
「実際に物理的な暴力ではなく その他の方法でシグナリング
し、女性を屈服させる必要がありそうです。

Murasaki
Murasaki

この記事を読んだ読者が闇堕ちせず、紳士的な方法で格上感をシグナリングしてほしい。

では、その格上感の演出はどのように行えばよいでしょうか。
これも科学的に判明しています。

ぜひ、試してみていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました