【論文】恋愛ゲーム バッドエンドの科学 ~男性編~

地獄への一本道 恋愛敗北の科学 男性編 心理学

「素敵な女性と出会って、お互い支え合いながら絆を深めて、交際を始めて この人と家族を築きたい」

そんな素敵な未来があるなら、人生に意味が生まれてきますし あなたの人生は益々色めき立ったものになるでしょう。

もし、あなたの今のパートナーが素敵な人ならば その人と幸せな結末を迎えたいですよね。

Murasaki
Murasaki

男性が結婚したいと思える女性が目の前に現れたら、もう絶対に逃したくないよな。

クソニートくん
クソニートくん

早く現れてくれ〜

今素敵なパートナーがいるにしろいないにしろ、将来素敵な未来が訪れてほしい 誰もがそう願うはずです。

だとすれば、少しでも幸せな結末を迎えられるように努力したいですよね!でも、実際どのように行動すればいいかわからないのも事実です。

そこで今回は「恋愛敗北の科学 男性編」と題しまして、そんなあなたに素敵な未来が訪れるように、絶対に避けなければならないルートを 学術論文を元に解説していこうと思います。

男性の恋愛におけるバッドエンドとはどのようなものか?

疑問

恋愛のバッドエンドにはさまざまなパターンがあると思います。

今の恋人と別れてしまったり、今好きな人に告白して振られてしまったら それもバッドエンドでしょう。

しかし今回は素敵な女性を取り逃し(あるいは出会うこともなく)最終的に売れ残ってしまったまま年齢を重ねてしまうことを、恋愛におけるバッドエンドと定義したいと思います。

Murasaki
Murasaki

「独身の人生は不幸だ」
と主張する気は全くない。単に恋愛のゴールを結婚と定めるなら その逆をバッドエンドと定義しただけだ。

ちなみに、男性は全く参考にならないでしょうが 女性のバッドエンドは以下。

なぜバッドエンドを学ぶべきか

boy and girl

「素敵な関係を築けるパートナーを見つけて、その人と順調に交際して 最後ゴールすれば良い」

という意味で、ゴールが明確なのだから バッドエンドを知っておく必要もないように感じるかもしれません。

クソニートくん
クソニートくん

決まったゴールに向けて脇目も振らず走り続ければおkなんじゃないの?

Murasaki
Murasaki

普通のゲームならその通りなんだが 恋愛ゲームは少し事情が異なるんだ。

しかし、思った以上に恋愛ゲームのルールは複雑に動いていることが科学的に分かっている関係上 そこまで単純な話ではないのです。

よって、男性が陥りがちなバッドエンドを知らないまま通過してしまうと、いつの間にか40代 50代となって終了してしまいます。

そのため、そのようなバッドエンドを迎えないための防衛策を予め学習し、そのようなルートを通らないようにするべきなのです。

Attention

そして極めて重要なアナウンスですが、ここから先は少々残酷な現実も惜しみなく紹介する予定です。

そしてこれは、決してあなたを怒らせよう とか馬鹿にしてやろう とか説教してやろう的なものではありません。

学術論文で示された客観的な事実をもとにバッドエンドを避け 最終的に幸せを掴んでほしい ということを意図しています。

バッドエンドを学ぶべき理由① : 恋愛ゲームは、男性プレイヤー 女性プレイヤーでルールもクリア条件も異なる

poker

男性プレイヤーと女性プレイヤーで「恋愛ゲーム」と言う同じゲームに興じていることは確かです。しかしながら、さまざまな研究から

「男性プレイヤーと女性プレイヤー、全く違うルールでゲームが進行してね?」

と言うことがわかっています。

クソニートくん
クソニートくん

ゲームのルールが違うことと、バッドエンドにはどんな関係があるの?

Murasaki
Murasaki

男性の場合、前半戦(交際前)と後半戦(交際後)で取るべき戦略が全く異なる点だな。

これは、自分が気づかぬままバッドエンド一直線に向かっていたり 逆に結婚… とまで行ってから「なんか違う…」ともなりかねません。

恋愛ゲームの「ルール&クリア条件の性差」については以下の記事参照。

バッドエンドを学ぶべき理由② : 巷に流れる恋愛情報(笑)は、男性にとって無意味通り越して有害

配信する女性

巷に流れる恋愛情報(笑)や結婚相談所のアドバイスは、もしかしたら無意味 通り越して有害です。

特に情報発信者が女性である場合要注意です。

クソニートくん
クソニートくん

え〜。

めっちゃ的確だと思うけど。

Murasaki
Murasaki

いや。

以下の論文を読めばなんとなく察せると思う。

女性が発信する情報は、大きく歪められたものであると心得るべきです。

ノースウェスタン大学の研究を紹介します。男性と女性にはそれぞれ異性に対する好みの性差が存在すると考えられていました。男性は女性と比して外見を重視し、女性は男性と比して経済力を重視するという考え方が伝統的な好みの性差です。

しかし実験によると、男性も女性も異性の好みに対して性差は存在せず 外見を最も重視していることがわかりました。

Replicating previous research, participants exhibited traditional sex differences when stating the importance of physical attractiveness and earning prospects in an ideal partner and ideal speed date. However, data revealed no sex differences in the associations between participants’ romantic interest in real-life potential partners (met during and outside of speed dating) and the attractiveness and earning prospects of those partners.

https://faculty.wcas.northwestern.edu/eli-finkel/documents/EastwickFinkel2008_JPSP.pdf

特に
男性の事前回答:人格>容姿>金
女性の事前回答:人格>金>容姿
でしたが

両方の性別の実際の予測因子:容姿>人格>金

これは、男性も女性も上の口で主張することと本能を区別できず、自分の判断力や本能を内省することは不可能であることを指名しています。

特に女性の場合は顕著かと推察されます。

Murasaki
Murasaki

女性が発信している情報は、本能と言っていることが乖離している。

これが女性の言う恋愛情報を信用してはいけない理由だ。

クソニートくん
クソニートくん

でも、これだけじゃ 信用できないってのは言い過ぎじゃね?

一般に
「優しい男性が好き」
と言う女性が多いです(結婚相談所でもそんなことを言われるでしょう)が、大きな罠です。

女性は暴力的なシグナルを発する男性が大好物です。

2020年の論文を紹介します。男性の生涯夜のプロレスパートナー数と非交際相手数については、知能と身体的暴力が特にセックスパートナーの蓄積を高める可能性が高いことが浮かび上がりました。

Intelligence and physical violence emerged as being especially likely to boost sex partner accumulation for the number of lifetime sex partners and nonrelationship partners in men.

Brains, brawn, and beauty: The complementary roles of intelligence and physical aggression in attracting sexual partners

データサンプルは、National Longitudinal Study of Adolescent to Adult Healthから抽出した、男性 n=5,636、女性 n=6,787の大きなものです。

参加者は、報告した生涯夜のプロレスパートナーの数、非交際相手、浮気や不倫、同時交際の観点から調査されました。

結局女性が上の口で言うことは信用ならず、暴力的な男性に下の口から涎を垂らすことを覚えておきましょう。

他にもさまざまな観点から
「女性の発信する恋愛情報を信用してはならない」
と論じた記事があるので、興味がある方はそちらも参照してください。

クソニートくん
クソニートくん

結局さ、女性が好きな優しさってなんなの?

Murasaki
Murasaki

残酷だが「女性蔑視的で上っ面の優しさ」を女性は評価する。

さまざまな学術研究が、女性の評価する優しさに対して一定の答えを出しています。この優しさがなんなのか悩んだことがある方は、以下の記事を参考にしてみると良いでしょう。

バッドエンドを学ぶべき理由③ : 男性の結婚偏差値 = 男性の恋愛偏差値

Good Genes

女性は
「恋愛偏差値 ≠ 結婚偏差値」
ですが、男性の場合はダイレクトに
「恋愛偏差値 = 結婚偏差値」
です。

明治安田生活福祉研究所の2010年の研究を紹介します。男性は交際した経験がそのまま結婚に結びつくのに対して 女性は必ずしもそうではないことが示されました。

男性は付き合った経験が結婚に結びつきやすいことを意味している。男性には、経験がない男性が、経験がないまま独身で残り続ける。一方、女性は、付き合った経験と結婚が結びつかないことを意味している。

https://ndlonline.ndl.go.jp/#!/detail/R300000002-I10790112-00
クソニートくん
クソニートくん

これがバッドエンドとどう関係するの?

Murasaki
Murasaki

男性は大急ぎで恋愛して失敗して成功体験を味わって… を繰り返さないと、取り返しのつかない年齢になって終了だ。

ここが恋愛ゲームの性差のポイントなのですが、女性は恋愛をいくらしても結婚に結びつきません。

なぜなら
結婚するかどうかを最後に決めるのは男性なので 相手しだいでどうにでもなってしまう
からです。

逆に男性は
そもそも交際の経験を得ること自体がハードゲームなので、それを突破できる男になると急速に世界が開ける
からです。

2017年の論文を紹介します。
男性の場合、魅力的でないことは、パートナーを見つける可能性を低下させ、大卒のパートナーを見つける可能性を低下させ、より高い教育レベルのパートナーを見つける可能性を低下させることが示されました。

女性の場合、身体的魅力はこれらの事象が起こる可能性には影響しませんまた、労働者階級出身者が高学歴のパートナーを見つけるためには、身体的魅力がより大きな影響を与えることもわかりました。

For men, the results show that being unattractive decreases the likelihood of finding a partner, of finding a partner with a university degree, and of finding a partner with a higher educational level. For women, physical attractiveness does not affect the likelihood of any of those events occurring.

https://www.ingentaconnect.com/content/cis/reis/2017/00000159/00000159/art00007;jsessionid=3a8g9572mgs7q.x-ic-live-03

よって、男性の場合は さっさと一通りの成功体験と失敗体験を繰り返さないとバッドエンドまっしぐらでしょう。

そして、成功体験を得るまでが結構大変 と言う性質上最初の壁を突破できないと以下のようなロジックの罠にハマって成功体験すら得られなくなります。

バッドエンドを学ぶべき理由④ : 非モテだから非モテ と言う循環論法の罠

男性は成功体験を得るまでがハードな道のりです。

そのため
「モテるために、ちゃんと清潔にして会話力を磨いて、家事もできるようにして…」
と 成功には程遠いことをしてしまいがちですが、成功体験を得るのは難しい(通り越して、上記のレベルにとどまっている人間にとってはほとんど成功なんてできない)関係上

結局うまくいかない

でしょう。

クソニートくん
クソニートくん

清潔で会話力あって家事もできて… って、成功に程遠いアドバイスには見えないけど

Murasaki
Murasaki

そんなの、あって当たり前だ。
座学で会話力とかを勉強して、そのレベルで本気の相手に突撃して失敗… なんて目も当てられなすぎる。

本気で会話力とかお風呂入る とかやっても、本命は落とせないでしょう。結局
「やっぱりおれはダメなんだ」
とスタートラインに逆戻りです。

これが
非モテ→だから勉強する→好きな人ができた!→突撃→失敗→非モテ
の非モテスパイラル
です。

クソニートくん
クソニートくん

いやいやw だからそうゆうものでしょ。
それで失敗から経験得たんだからいいじゃん

Murasaki
Murasaki

1サイクルが長すぎる。下手したら1年以上たってるぞ。
この状態で次に行っても成功なんて怪しすぎるだろ。

このループの問題点は、1サイクルが長すぎるため得られる失敗の量が少ないことと、長く座学に取り組んだにも関わらず失敗して(←ほぼ確実に失敗する)学習性無力感に苛まれることです。

結局
「私は非モテなんかじゃありませんが?」
と言う顔をして、試行回数を増やし 1サイクルを短くするしかないのです。

バッドエンドを学ぶべき理由⑤ : 統計的な男性は結婚などしたくない

恋愛ゲームは、生物が子孫繁栄を行うための大きな営みです。

そして、男性の子孫繁栄戦略と女性の子孫繁栄戦略は全く違います。

その結果、統計的な男性は結婚をしたくありません。

「それでも素敵な人を見つけて(周りやSNSの圧力もあって)結婚したい!」
と言うなら、可能な限り自分が納得できる素敵な人を見つけるしかありません。

クソニートくん
クソニートくん

「本能では結婚したくないけど結婚する」
ってゆう選択をしたからには、納得したものにしたいよね。

実際、さまざまなシーンで
「結婚は墓場」
なんて耳にしますが、自分にとって納得できない相手 かつ 本能では結婚したくないと言う状況の重ね合わせは極めてきついでしょう。

女心の科学はさまざまな角度で研究されていますが、ぜひご一読ください。

それでも納得して
「絶対この人じゃなきゃ嫌だ!!!!」
と言う人と生涯連れ添わないと、離婚 養育費ネコババ 社会的地位失落等の地獄が待っています。

以下、統計的な女性の心理学を解説した記事。おそらく、可愛いだけだと地雷of地雷です。

以下の記事で「女心」を把握した上で、それでも愛したい人でないと相当厳しいと思います。

男性が恋愛ゲームでバッドエンドを迎えないために

チェス盤

これまで、さまざまな視点から恋愛のバッドエンドを考察してきました。

これらの結末を避けるために、我々は何をすれば良いのでしょうか。

Murasaki
Murasaki

この記事を読んだすべての人に、幸せな未来を掴んでほしい。

だからこそ バッドエンドを迎えないための方法を紹介したいと思う。

クソニートくん
クソニートくん

了解です…!

バッドエンドを迎えないための戦略① : 自分の価値を最大化する

ジムで鍛える若い男性

恋愛は基本的に等価交換のゲームです。

よって、少しでも幸せな未来を手に入れたければ、自分の価値を最大化する努力は必須です。

クソニートくん
クソニートくん

具体的には何をすればいいの?

Murasaki
Murasaki

結論から言うと「なんでも良い」となる。

ただし、いくつかのヒントを与えよう。

当然自分を磨く努力はするべきなのですが、基本的にはなんでもOKです。

アウトドアが趣味ならアウトドアを極めても良いですし、鉄道好きのオタクならその界隈でもっと詳しくなっても良いでしょう。

ただし、直接的にモテに繋がるものを選んだ方が効率がいいと思いますので
女性は男性の何に惹かれるか?
を整理した「モテのシグナリング」を学習してみると良いでしょう。

すでに研究を紹介していますが、男性も女性も外見で足切りしますので 外見磨きは徹底してください。

女性を惹きつける要素は、進化心理学的には3つ(+α)で整理されます。これらを効果的に披露できる能力を身につけることが、直接的にあなたのモテに繋がります。

ただし、上記の原則(モテシグナル3つ+α)を理解し鍛えることも重要ですが 時間がかかるので以下と同時並行で行ってください。

バッドエンドを迎えないための戦略② : 試行回数 >> 価値の最大化

ヒットレイシオ

自由恋愛のゲームルール上、男性にとって
「一通り経験してしまえばOK」
みたいな側面があるかと思います。

更に失敗しても社会的地位を失墜するほどのダメージは負わないので、さっさと回数を追いかけるべきです。

クソニートくん
クソニートくん

でも、モテシグナルとやらを鍛えてたら結構時間かからない?

Murasaki
Murasaki

それが最大の罠だ。

確かにモテシグナルを理解し鍛えることで、直接的にあなたの魅力度を向上させることができるでしょう。

しかし
魅力を2倍にするより、試行回数を2倍にして経験を積んでしまう方がずっと楽
です。

怖気付いている間に時間が過ぎて、貴重な若い時間を失ってしまうより
「経験値を増やし、失敗した原因とモテシグナルを照らし合わせた上で反省して次」
のPDCAサイクルを高速でぶん回した方が成功率がずっと高くなります。

あなたも経験したことがあるかもしれませんが、男性はすぐに発情するので 数を追いかけている限り好きになれそうな人はマジですぐ見つかります。

バッドエンドを迎えないための戦略③ : 利確&損切りはS全振り

chart

あなたの人生も、相手の人生も有限です。

もし、今追いかけている恋が 見込みのない執着だと感じたら。
もし、今の交際相手と長期的にやっていける気がしないなら。

いますぐ損切りして次に進んでください。

自分も相手も幸せになれないとわかっているのにズルズルとやってしまうのは、互いにとって不幸です。

逆に「この人じゃなきゃやだ!!」と言う素敵な人を見つけたのなら、さっさと利確するべきです。同様の理由で、利確に怖気付いて時間をズルズル伸ばす行為は 相手にとっても失礼ですし 相手の時間を奪うことになります。

コメント

  1. 匿名 より:

    いくつか記事を読んでとても興味深いと感じたので質問させていただきます。
    自由恋愛で成功するために試行回数を増やすというのはその通りだなと思ったのですが、そのためにマッチングアプリなどを使うこともアリなのでしょうか?
    それともリアルでのコミュニティにおける出会いにこだわるべきでしょうか?
    よければ回答いただけると嬉しいです。

    • Murasaki Murasaki より:

      コメントありがとうございます Murasakiです。
      出会いの場所や方法は「あくまでチャンネルの違い」程度に捉えてください。

      特にこだわる必要はありません。
      最初は失敗の方が多いでしょうから、まずはマッチングアプリ等で経験を積みつつ
      「進化心理学的に、女性は男性の何を評価するか?」
      を勉強なさると良いかと思います。

タイトルとURLをコピーしました